fc2ブログ
2013/06/20

岡崎慎司「狙いは成功したという感じ」=サッカー日本代表

訪問ありがとうございます。




岡崎慎司「狙いは成功したという感じ」=サッカー日本代表


スポーツナビ 6月20日(木)12時43分配信







 サッカー日本代表は現地時間19日(日本時間20日)、ブラジルのレシフェでコンフェデレーションズカップの第2戦となるイタリア代表戦に臨み、3-4で敗れた。日本は21分に本田圭佑のPKで先制すると、33分にも香川真司のゴールで2点のリードを奪う。しかし、41分にイタリアのダニエレ・デ・ロッシに1点を返されると、後半立ち上がりの50分、52分にも連続失点。69分に岡崎慎司のゴールで同点に追いついたものの、86分にイタリアのジョビンコに決勝点を許し、逆転負けを喫した。



 以下は、試合後の岡崎慎司(シュツットガルト/ドイツ)のコメント。



「自分の思うところにポジションを取っていたので、それがうまくいったかなと。ある意味、気を遣わなかったということだと思うんですけど、そういうところが良い距離感を生んでいたのかなと思います。みんな自信を持ってサッカーができていたのを感じながら、自分もできました。だから、前に行けたんだと思います。不安そうに後ろが回していると、自分たちも『大丈夫かな』という気持ちになるけど、チームとしてみんなが前を向いてサッカーをしていたので、ボランチもボールを受けてくれたし、そのなかでこういうプレーができたのかなと思います。



(PKを獲得したときの相手のバックパスは予想していた?)そうですね。さっきも言いましたけど、相手は消極的なプレーをしていたので、絶対に来るなと思っていました。PKかどうかは微妙だとしても、前回のメキシコ戦も見ていたので、『あるな』と思っていました。(ゴールシーンは)チャンスが2回あったので、2回目もファーサイドに誰か入っていたら、たぶん入ったと思う。そういう意味で、狙いは成功したという感じです。デ・ロッシがそんなに僕のマークにしっかり付く感じではなかったので、ニアサイドに入れば行けるかなと思って、ゴールを決められました」










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130620-00000006-spnavi-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント