fc2ブログ
2016/06/30

手倉森J、リオへ南アに4発快勝! 7・1運命の代表18人発表

ご訪問感謝します。




リオデジャネイロ五輪に出場するU-23(23歳以下)日本代表が、4-1で同じく五輪に出場するU-23南アフリカ代表に逆転勝ちした。右膝の故障から復帰したFW中島翔哉(21)=FC東京=が前半に2得点、MF矢島慎也(22)=岡山=が1得点を挙げるなど、五輪前の国内ラストマッチで国内クラブ所属選手が猛アピール。7月1日に代表18人を正式発表する手倉森誠監督(48)はうれしい悲鳴を上げた。

 残るか、それとも消えるか。究極のサバイバルとなった南アフリカ戦。五輪前の国内最終戦で仮想ナイジェリアを4-1で撃破した。18人の最終メンバー入りへ、鼻息の荒い選手たちに手倉森監督はうれしい悲鳴を上げた。

 「晴れ晴れしいスコアでも自分の心は晴れない。より厳しい決断をしないといけなくなった」

 右膝の故障から復帰したばかりのFW中島が2得点を挙げてアピールすれば、その中島と背番号10番を争うMF矢島も1得点。「正しい競争、ポジティブな競争が生まれている」と自画自賛する内容だった。

 18人のうち、OA枠の3人に加え、海外クラブ所属2人とGK2人は当確。19人の国内組に残された枠は実質11と少ない。「これまではニコニコとやってきたが、ここで厳しい決断をしないといけない」と選手のやる気をあおっていた。

 想定外のけが人の続出で、メンバー選考にも少なからず影響はあった。中2日の連戦が続く厳しい五輪の日程上、故障明けの中島やDF室屋、今回は招集していないDF岩波(神戸)らの状態にも気を配りながらこの日を迎えた。

 結果的に同じ五輪出場国から大量4点の圧勝劇。「“手”倉森ジャパンだけに、1点目は手を使ってしまった」。PKで先制を許しながら華麗なパスサッカーで逆境をはね返した選手たちを駄洒落で持ち上げた。

 心を鬼にしなければならない最終のメンバー選考。悩める指揮官が、7月1日に最後の審判を下す。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000015-sanspo-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。


ナイキ、アディダス、プーマなど一流メーカーでサッカーのチームユニフォーム作成は
Football-MAX 実績多数で全品20%OFF~!

関連記事
スポンサーサイト