fc2ブログ
2016/06/28

U23日本、最後のアピールの場、手倉森監督「パワーをリオに運びたい」

こんにちは。
サッカーファンです。




「国際親善試合、U-23日本代表-U-23南アフリカ代表」(29日、松本平広域公園総合球技場)

 リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子のU-23(23歳以下)日本代表は28日、公式練習を試合会場で行った。

 練習に先立って行われた公式会見に出席した手倉森誠監督は「リオに向けて、国内最後の強化試合。まずは五輪で躍進できる可能性を示せれば」と語った。

 五輪本大会に臨む18人の代表メンバーは、7月1日に発表される予定で、南アフリカ戦は選手たちにとっては最後のアピールの場となる。「(負傷からの)回復組の回復状況も確認したいし、メンバーの組み合わせも、誰が誰と組んでも力が落ちないことを示してほしい。(本大会ではオーバーエージ3人が含まれるため)U-23だけで試合をするのはこの試合が最後。良い試合をして、U-23のパワーをリオに運んでいけるようにしたい」と意気込みを語った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000082-dal-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。


ナイキ、アディダス、プーマなど一流メーカーでサッカーのチームユニフォーム作成は
Football-MAX 実績多数で全品20%OFF~!

2016/05/26

【U23】ギニア破り最終イングランド戦、手倉森監督「間違いなく最も強い」…トゥーロン国際

訪問ありがとうございます。




◆サッカー トゥーロン国際大会第8日 日本2―1ギニア(25日、フランス・シスフールレプラージュ)

 【シスフールレプラージュ(フランス)25日=田中雄己】リオデジャネイロ五輪に出場する1次リーグB組のU―23日本代表は、ギニアを2―1で下した。前半3分にFW富樫敬真(22)=横浜M=の得点で先制すると、同39分にはMF南野拓実(21)=ザルツブルク=が右足で決勝弾を奪い、今大会初勝利を挙げた。

 エースの一撃が勝負を決した。1―1の前半39分、ドリブルでシュートスペースを作ったMF南野が右足で決勝弾。試合前日は右足裏打撲で別メニュー調整したが、痛みを感じさせないプレーぶりで初勝利を引き寄せた。

 リベンジに燃える。1月の五輪アジア最終予選では期待に応えられず、無得点に終わった。所属クラブに戻った後、「体が大きい方ではないので、当たり負けをしないように」と上半身中心の筋トレを行い、体重は3キロ増。欧州の屈強なDFに当たり負けないボディーを手に入れ、今季のリーグ戦で10得点を記録。国内タイトル2冠獲得にも貢献した。

 後半はFW浅野やMF大島らを投入。システムを変更するなど本大会1次リーグ初戦ナイジェリアと同じアフリカ勢に戦術を試した。最終戦の相手は、手倉森誠監督(48)が「間違いなく最も強い」と分析するイングランド。自信と成果を得て締めくくりたい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000050-sph-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきましてありがとうございます。
サッカーのユニフォーム作成するなら、ネットで日本トップクラスの実績の

フットボールマックスで!




2016/05/22

浅野の同点弾実らず…U23日本、パラグアイのFK弾に沈みトゥーロン黒星発進

訪問ありがとうございます。




第44回トゥーロン国際大会のグループステージ第1節が21日に行われ、U-23日本代表とU-23パラグアイ代表が対戦した。

 18日に開幕した同大会は、2グループ各5カ国でリーグ戦を行い、各組1位が決勝戦へ進み、同2位が3位決定戦で対戦。試合は40分ハーフで行われる。リオデジャネイロ・オリンピックに向けて強化を目指す日本は、前日にギニアを3-1で破ったパラグアイとの一戦で大会初戦を迎えた。

 日本の先発メンバーには、GK櫛引政敏、DFファン・ウェルメスケルケン・際、DF岩波拓也、DF植田直通、DF亀川諒史、MF原川力、MF矢島慎也(キャプテン)、MF野津田岳人、MF喜田拓也、FW浅野拓磨、FW富樫敬真が名を連ねた。

 試合は開始3分、ペナルティエリア手前右でこぼれ球に反応した際が、ダイレクトで強烈なミドルシュートを放つが、相手GKに阻まれた。立ち上がりから積極的に出た日本だが、18分に先制を許す。パラグアイは、マティアス・ビジャサンティが高い位置でパスミスをカットすると、そのまま左サイドを抜け出して中央へ折り返し。そこに走り込んでいたペドロ・バエズがフリーで流し込み、先制ゴールを挙げた。

 追い付きたい日本は27分、野津田がエリア手前左で左足を振り抜くが、強烈なミドルシュートはクロスバーに直撃した。主導権を握る日本だが、34分にアクシデントが発生。岩波が相手と接触した際にひざを負傷し、担架で運び出されて、三浦弦太との交代を強いられた。なお、岩波は救急車で地元の病院へと運び込まれた。前半はこのまま日本の1点ビハインドで折り返す。

 日本は、際を下げて三丸拡を投入し後半を迎えた。なお、亀川が右サイドへ移り、三丸は左サイドに入った。49分、矢島のパスをエリア内左で受けた原川が、ダイレクトで左足シュートを放つが、わずかに枠の左に外れた。52分には、野津田がエリア内左で2度シュートのチャンスを迎えるが、いずれも枠を捉えることはできなかった。直後に、富樫を下げてオナイウ阿道を送り出した。

 日本はさらに54分、オナイウ阿道の落としに、エリア内へ走り込んだ矢島がダイレクトでシュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれる。さらにそのこぼれ球に反応した野津田が、ヘディングシュートを放つが、これも相手GKにキャッチされた。

 攻勢を続ける日本は61分、ついに試合を振り出しに戻す。原川の鋭いスルーパスをエリア内左で受けた浅野が、反転から左足シュートを放ち、ゴール右隅に決めた。日本は68分、原川を下げて前田直輝を投入した。

 だが70分、パラグアイに再びリードを許す。エリア手前左のFKでセルヒオ・ディアスが右足を振り抜くと、シュートは枠の左上隅に吸い込まれ、勝ち越しゴールとなった。同点を狙い最後まで攻撃を続けた日本だが、試合はこのまま終了し、1-2で初戦を落とした。一方のパラグアイは2連勝となった。

 日本は23日にU-23ポルトガル代表と、パラグアイは25日にU-23イングランド代表と対戦する。

【スコア】
U-23日本代表 1-2 U-23パラグアイ代表

【得点者】
0-1 18分 ペドロ・バエズ(パラグアイ)
1-1 61分 浅野拓磨(日本)
1-2 70分 セルヒオ・ディアス(パラグアイ)

SOCCER KING


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160522-00445183-soccerk-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。
サッカーのユニフォーム作成するなら、ネットで日本トップクラスの実績の

フットボールマックスで!





2016/05/19

U23日本、攻守を確認=21日、パラグアイと初戦―トゥーロン国際サッカー

ご訪問感謝します。




【トゥーロン(フランス)時事】リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子のU23(23歳以下)日本代表は19日、U23代表で争うトゥーロン国際大会の1次リーグB組初戦、21日午後4時15分(日本時間同11時15分)開始のパラグアイ戦に向けてフランスのトゥーロンで調整した。

 強風で肌寒い中、2組に分かれてフォーメーションや攻守の連係を確認。競り合いを想定し、守備陣はヘディングでクリアする練習も行った。21日から始まる世界の同世代との対決を前に、矢島(岡山)は「勝つことで自信が付く。結果にこだわりたい」と話した。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000144-jij-spo
※この記事の著作権は配信元に帰属します





訪問感謝いたします。
サッカーのユニフォーム作成するなら、ネットで日本トップクラスの実績の

フットボールマックスで!





2016/04/10

【U23】「マイアミの奇跡」西野委員長がリオ帯同で手倉森監督をサポート

いつもありがとう。
ゆっくりご覧ください。




 日本サッカー協会の西野朗新技術委員長(61)が9日、U―23日本代表が出場するリオ五輪に帯同する意向を示した。監督として1996年アトランタ五輪初戦でブラジルを1―0で破る“マイアミの奇跡”を演出した西野氏は、48年ぶりのメダルを狙う手倉森ジャパンにとって心強い存在となる。

 この日は、高円宮杯U―18プレミアリーグを視察し、育成年代の強化の重要性を再確認した。今後も育成の現場に足を運ぶ意向で、五輪への帯同について「そうなる」と話した。過干渉は避けるが「バックアップはする。監督をサポートしたい」と、五輪指揮の先輩として助言する考えだ。

 また、国際サッカー連盟は8日、五輪1次リーグのシード4チームを発表。日本はブラジル、メキシコ、アルゼンチンとともに名を連ね、強豪3か国とは別のグループに入ることが決定した。1次リーグの組み合わせ抽選は14日に行われる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160410-00000072-sph-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご覧いただきましてありがとうございます。


ナイキ、アディダス、プーマなど一流メーカーでサッカーのチームユニフォーム作成は
Football-MAX 実績多数で全品20%OFF~!