fc2ブログ
2017/05/16

現地視察の西野技術委員長「いいシミュレーションになった」…久保建英の活躍にも太鼓判

いつもありがとう。
ゆっくりご覧ください。




FIFA U-20ワールドカップ韓国2017を控えるU-20日本代表は15日、U-20ホンジュラス代表と親善試合を実施。小川航基(ジュビロ磐田)、坂井大将(大分トリニータ)、板倉滉(川崎フロンターレ)の得点で、3-2と本大会前最後のテストマッチで勝利を収めた。

【動画】U-20日本代表FW久保建英がルーレットで魅せる

 日本サッカー協会の西野朗技術委員長は、この一戦を現地エコパスタジアムで視察。2失点を喫したことについて「今までアジアではなかったからね。おそらく」と語り、グループステージの初戦で対戦する「U-20南アフリカ代表なんかを想定すると、ちょっとしたミスが世界ではああいう決定的なことになってしまうと思う。そういう意味では、いい失点とは言えないけど、いいシミュレーションになったかな」とコメントした。

 62分からピッチに立った15歳の久保建英(FC東京U-18)については、「全くミスをしていないし、本当に余裕があるし、周りを見れている。いろいろな想定外のプレーというか、『ここ難しいな』と思ってもプレーの発想があるから。3人くらい寄せられても余裕を持ってやっていたし。練習試合でこれだけ沸くことってあんまりないからね」と絶賛。「期待感はもちろんある。スタートでもおそらく出るだろうし、途中からでもものすごいアクセントになる。あんまり分析されない方がいいな」と本音を漏らしつつ、「もっともっと周りの融合してくれば、いいコンビネーションもできる。楽しみです」と久保の活躍を期待を寄せた。

SOCCER KING


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00587905-soccerk-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきましてありがとうございます。





ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」


2017/05/15

【U20】小川航基&久保建英のOKコンビがツートップ…15日、ホンジュラス戦

訪問ありがとうございます。




20日に開幕するU―20W杯(韓国)に出場するU―20日本代表は15日、国内最終戦(エコパ)でホンジュラスと対戦する。14日は静岡県内で調整を行い、飛び級で招集されたFW久保建英(15)=F東京U―18=とFW小川航基(19)=磐田=の2トップ先発が濃厚になった。

 紅白戦では12日の磐田との練習試合同様、久保と小川を2トップに配置。息の合ったプレーを見せた小川は「タケ(久保)は技術がたけている。特徴はすぐに把握できたし、もっと良くなる」と自信を示した。

 年の差は4歳だが同じ神奈川県出身。小川は今回の合宿で「話すのは学校生活だったり、サッカー以外のことばかり。2日前には(数学の公式の)サイン・コサイン・タンジェントの話もした」とピッチ外でも、あうんの呼吸を構築中だ。「溶け込みやすい環境を作るのは年上の務め。最高の状況で迎えたい」。“OKコンビ”が入念な準備を行っている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000031-sph-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。




ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」


2017/05/15

U20小川航基エースの自覚「自分のゴールで勝つ」

訪問ありがとうございます。




 サッカーU-20(20歳以下)W杯韓国大会(20日開幕)に向け静岡合宿中の日本代表は今日15日、同大会に出場するU-20ホンジュラス代表との国際親善試合(静岡スタジアム)に臨む。FW小川航基(19=ジュビロ磐田)は14日、「結果と内容を求める。自分のゴールで勝つのが理想」と国内最後の実戦でゴール奪取を誓った。

 この日は試合形式の練習を行い、1本目では長くタッグを組んできたFW岩崎とこの合宿で初めて2トップに入った。「(岩崎とは)ずっとやっているので」と、少ない練習でも自信は揺るがない。合宿中は15歳のFW久保と練習を重ねた。食事会場では高校に入学したばかりの久保に「(数学の授業で)サイン、コサイン、タンジェントはもうやった?」と聞くなど、積極的にコミュニケーションをとり、後輩が力を発揮しやすい環境作りも心がけてきた。エース、そしてリーダーの自覚も備わった小川が、ゴールでチームを引っ張る。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-01823605-nksports-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。


⇒ なでしこジャパン 情報本 ユニフォーム DVD




2017/05/08

サッカー U-20代表候補を発表

こんにちは。
サッカーファンです。




日本サッカー協会は8日、U-20W杯代表候補を発表した。U-20W杯韓国大会に出場する日本代表以外から、19歳以下のメンバーが招集された。9日から大阪府内で合宿し、13日にU-20米国代表と練習試合を行う。

 西野技術委員長は「6月にはトゥーロン国際大会にU-19を派遣する。この世代を多角的に強化して世界大会に出場させたい」と話していた。

 招集された選手は次の通り。

 【GK】沖悠哉(鹿島ユース)、大迫敬介(広島ユース)

 【DF】立田悠悟(清水)、長谷川巧(新潟)、橋岡大樹(浦和ユース)、杉山弾斗(市船橋高)、中川創(柏U-18)

 【MF】黒川淳史(大宮)、吉尾海夏(横浜M)、金子大毅(神奈川大)、住永翔(明大)、田中康介(立命館大)、山田康太(横浜Mユース)

 【FW】小松蓮(産業能率大)、安部裕葵(鹿島)、山根永遠(C大阪)、安藤瑞季(長崎総合科学大付高)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000042-dal-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきましてありがとうございます。





ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」


2014/09/21

[アジア大会]攻撃陣に手応え感じる手倉森監督「頭の柔軟性を示した」

ご訪問感謝します。




[アジア大会]攻撃陣に手応え感じる手倉森監督「頭の柔軟性を示した」


ゲキサカ 9月21日(日)19時16分配信







[9.21 アジア大会GL第3戦 日本4-0ネパール 高陽]



 予想以上に相手が引いてきた。ネパールはFWの選手も自陣深くまで戻り、PA付近に人数を割いてゴールを封鎖しようとした。U-21日本代表を率いる手倉森誠監督も「想定外だった」と振り返るほどの徹底ぶりだった。



「前半の我々のパス回しに対して5バックにしたというのは想定外。でも、それくらい自分たちがイラク戦でいやらしい攻撃をしていたんだろうなという表れだったと思う」



 想定外の守備に遭ったものの、前半33分にFW野津田岳人のミドルシュートでゴールをこじ開けると、後半には鮮やかな連係から次々とゴールネットを揺らした。特に後半のコンビネーションには指揮官もご満悦の表情を見せている。



「(2点目となった)中島翔哉が決めたようなコンビネーションでのゴール、(2点目と3点目の起点となった)矢島慎也の『間』を抜くパスというのが武器であることを示せた。決勝トーナメントに向けてものすごいアドバンテージになる得点だったと思う」と語ると、「ああいうプレーはサッカーで一番楽しめるところ。頭の柔軟性が身に付いている証拠だろうな」と満足気に話した。



 この日の勝利でグループリーグ突破を決めた。第2戦のイラク戦では敗れたものの、「イラクに負けたことで学んだことが本当に多く、足りない部分を気付かされました。2勝1敗でもかなり力を蓄えて決勝トーナメントに行ける実感があります」と敗戦も前向きに捉え、「絶対にもう一度イラクとやりたいというチーム状況なので、決勝まで是が非でも上がって再戦したい」と決勝トーナメントへ向けて意気込みを示した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00139364-gekisaka-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきましてありがとうございます。





日本代表のユニホームを着て応援しよう。頑張れニッポン!! 各国代表やヨーロッパクラブチームのユニホームがたくさんそろっています。フットボールマックス