fc2ブログ
2017/09/28

浦和は上海上港とドロー、柏木が貴重なアウェー弾 ACL準決勝

こんにちは。
サッカーファンです。




【AFP=時事】サッカーAFCチャンピオンズリーグ(AFC Champions League 2017)は27日、準決勝の第1戦が行われ、浦和レッドダイヤモンズ(Urawa Red Diamonds)は1-1で上港上港(Shanghai SIPG)と引き分け、来月18日に日本で行われる第2戦を前に貴重なアウェーゴールを奪った。



 試合は前半15分、今大会の得点ランクで首位に立つフッキ(Hulk)が、左足で強烈なミドルシュートをたたき込み、ホームの上海上港が先制。対する浦和は同28分、柏木陽介(Kashiwagi Yosuke)がボレーシュートを決め、チームに訪れた最初のチャンスで同点に追いついた。

 正GKに加え、DF陣でレギュラーを2人欠いた上海上港は後半23分、元チェルシー(Chelsea)のオスカル(Oscar dos Santos Emboaba Junior)がポスト直撃のFKを放ったが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできなかった。

 過去にチェルシーやトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)で指揮を執った経験を持つ上海上港のアンドレ・ビラス・ボアス(Andre Villas-Boas)監督は試合後「われわれは21本のシュートを放っていたし、試合はまったく異なる結果になる可能性もあった」と悔やんだ。

「もちろん少し残念ではあるが、第2戦はまったく予測がつかない。でも第2戦までには全員戻って来るので、それはわれわれにとって非常に良い点だ」

「彼ら(浦和)はアウェーゴールで優位に立っているが、われわれはこれまでも多くのゴールを決めてきたので、日本でも同じようにし、相手のアウェーゴールを帳消しにしたいと思う」

 前日に行われたもう一方の準決勝では、サウジアラビアの強豪アル・ヒラル(Al-Hilal)が4-0でイランのペルセポリスFC(Persepolis FC)に大勝し、決勝進出へ大きく前進している。【翻訳編集】 AFPBB News


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000004-jij_afp-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご覧いただきましてありがとうございます。



一点突破ドリブル習得プログラム~2、3人を一気に抜くドリブルテクニック~【式田高義 監修】
当サイト一押し ⇒ ドリブルのコツをつかんでレギラーになる方法




2017/05/31

アジアCL 決勝T1回戦 鹿島、8強逃す

ご訪問感謝します。




サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は30日、各地で決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、鹿島はホームで広州恒大(中国)と対戦。2-1で勝ち2戦合計2-2としたが、アウェーゴール数で下回り敗退。初の準々決勝進出はならなかった。

第1戦を0-1で敗れた鹿島は、前半から積極的に攻め、28分にペドロジュニオールのゴールで先制した。しかし、後半に同点に追い付かれ、試合終了間際に途中出場の金崎が得点したが、一歩及ばなかった。

■記録メモ
▽ACL通算100得点
鹿島が30日の広州恒大戦で達成。節目のゴールは後半46分、金崎が決めた2点目。13チーム目で日本勢ではG大阪に続き2チーム目。

■切り替えなければ 鹿島・石井監督
ACLは鹿島に関わる全ての人が期待していたタイトルなので、(敗退は)本当に残念。前半と同じ戦いが後半もできていれば、点を取れると思っていた。ショックは大きいが、ほかの大会に向け切り替えなければならない。

■鹿島・山本
相手の狙いはセットプレーとカウンターだったので注意していたが、失点してしまった。上に行けない悔しさがあるが、切り替えないといけない。

■鹿島・昌子
ACL優勝がこのメンバーで成し遂げられる最大の目標だった。あの失点で終わったと思うと申し訳ない。ほかの日本勢には最後まで進んでほしい。

茨城新聞社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000001-ibaraki-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきましてありがとうございます。





ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」


2017/05/24

鹿島、ACLベスト8進出へ暗雲 広州恒大にアウェイでゴール奪えず敗戦

いつもありがとう。
ゆっくりご覧ください。




AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017決勝トーナメント1回戦ファーストレグが23日に行われ、広州恒大と鹿島アントラーズが対戦した。

【動画】U-20日本代表FW久保建英がルーレットで魅せる

 ホーム&アウェイ方式で行われる1回戦。グループEを首位で突破した鹿島はDF昌子源、MF小笠原満男、FW金森健志らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 最初にチャンスを作ったのは広州恒大。15分、リー・シュエポンがエリア内をドリブルで切り込みシュートを放ったが、ここはGKクォン・スンテがゴールを許さない。対する鹿島は20分、左CKから三竿健斗が頭で合わせたが、ボールは惜しくも枠を外れた。両チーム立ち上がりから一進一退の攻防が続く。

 30分、広州恒大はパウリーニョが右サイドを駆け上がりゴールを狙う。しかし、ここは土居聖真がスライディングでピンチを防ぐ。続く44分、広州恒大のリカルド・グラルがミドルシュートを打つが枠をとらえられず。両チーム得点のないまま試合を折り返す。

 後半に入り51分、鹿島はペドロ・ジュニオールのパスを受けた金崎夢生がシュートを放ったものの、ボールは相手GKの正面へ。すると直後の53分、広州恒大は左からのクロスにリカルド・グラルがフリーで合わせる。しかし、ボールはクロスバーの上へと逸れ、鹿島がピンチを逃れた。

 攻勢をかけるホーム広州恒大は70分、アランのクロスに反応したユー・ハンチャオがヘディングシュート。しかし、ここはGKの好セーブに見舞われる。すると75分、右CKをパウリーニョが押し込み、広州恒大が先制に成功した。

 試合はこのまま終了。広州恒大が鹿島を1-0で下した。セカンドレグは30日、鹿島のホームで行われる。

【スコア】
広州恒大 1-0 鹿島アントラーズ

【得点者】
75分 1-0 パウリーニョ(広州恒大)

SOCCER KING


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00591635-soccerk-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきましてありがとうございます。





ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」


2017/05/23

ACL決勝Tに3チーム挑む、将来の出場枠かかる重要な戦い

ご訪問感謝します。




サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は23日から、決勝トーナメントに日本勢が登場する。3チームが1次リーグを1位で突破するのは8年ぶり。2008年以来のアジア制覇、19年以降のACL出場枠を死守するために、負けられない戦いに突入する。

 16強には鹿島、浦和、川崎が入った。3チームが1次リーグを突破したのは14年以来で、そろって1位通過したのは09年以来のことだ。

 優勝へ難関となりそうなのが中国勢。日本勢は1次リーグで、中国勢から09年以降最低の勝ち点5しか奪えなかった。1回戦では鹿島が広州恒大と戦う。Jリーグの原副理事長は「鹿島は1次リーグで中国勢と当たっていない。アウェー戦が重要だ」と指摘した。

 今後の出場枠を確保するためにも、16強で負けられない。各国・地域のACL出場枠は、出場チームの成績と代表チームの成績を点数化し、合算値の上位に多く振り分けられる。東地区2位の日本は、18年は今季と同様の出場枠が与えられる。

 ただ、19年以降はACL出場チームの成績がより重要視されるようになる。15~18年の成績が対象となるが、昨年は8強に1チームも残れなかった。東地区3位の中国勢に押され気味で、抜かれれば直接本大会から出場できるチーム数が今季の3チームから2チームに減ることになる。

 「8強に3チーム残るよう頑張ってほしい」とJリーグの村井チェアマン。多くのチームが勝ち残ることも求められる。(小川寛太)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000571-san-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。




ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」


2017/04/28

アジアCL 鹿島が決勝T進出

訪問ありがとうございます。




サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は26日、各地で1次リーグ第5戦が行われ、鹿島と同じE組のムアントン(タイ)がブリスベン(オーストラリア)を3-0で破って勝ち点を11に伸ばして首位を維持し、1次リーグ突破を決めた。

蔚山(韓国)を4-0で下し通算成績を3勝2敗、勝ち点9としていた鹿島の2位以上が確定し、2011年以来の決勝トーナメント進出が決まった。鹿島は5月10日、ホームのカシマスタジアムでムアントンと首位通過を懸けて戦う。

○ACL・E組勝敗表○ 
26日現在 試勝分敗点得失 差
ムアントン 53201161 5
鹿島    53029114 7
蔚山    5113467-1
ブリスベン 51134213-11


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000005-ibaraki-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。


みみ太郎 使ってわかるすごいところ ⇒みみ太郎 使ってみた感想