日本サッカーの未来はどうなる?ニュースから読み解く。
ザックジャパンの行く末は、日本サッカーの未来は、海外で活躍する選手情報をニュースで探ります。
日本代表ユニホームで応援


サッカー上達DVD


プロフィール

japan36

Author:japan36
ワールドカップが終わってぽっかり。

サッカーのニュースを集めました。

ご覧いただきましてありがとうございます。

スポーツ


最新記事


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


QRコード

QR


Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


本田はリーダーとして戦う!UAE戦先発落ちも覚悟
ご訪問感謝します。




【アルアイン(UAE)21日】日本代表のFW本田圭佑(30=ACミラン)が、真のリーダーとして勝利へ導く。23日(日本時間24日未明)のW杯アジア最終予選UAE戦に向け現地で調整した。クラブで出場機会のない大黒柱は、先発落ちも覚悟。MF長谷部主将が負傷離脱した窮地に、精神的支柱となる決意を示した上で、少ない時間でも得点を奪うと誓った。B組は勝ち点1差に4カ国がひしめく大混戦となっている。

 周囲を砂漠に囲まれたオマーンとの国境近く。オアシスの街に雨が降った。前日20日(日本時間21日未明)から合流した本田はピッチに出ると、普段から寡黙なMF山口に歩み寄った。並走しながら、笑みがこぼれるまで話し続ける。別メニューでダッシュを課された清武が疲労で膝に手をつくと、遠くからわざとパスを出して「顔を上げろ」と訴えた。かつての孤高の男が、精神的に日本を支えようとする姿があった。

 「自分が(試合に)出ていない。個人的に(思うこと)はありますけど、代表全体を見た時にそれはどっちでもいい。勝ってW杯に出ることが一番の目標。そのために自分に何ができるのか。選手として、チームのリーダーとしてやる」

 自我を殺した。それはたやすいことではないはずだ。だが日本をW杯に導くため。ACミランで出場機会がなく、苦悩の時間を過ごす中で導き出した結論だった。

 「いずれは(代表を)外れて、いずれはサッカーをやめる。なんてことのない自然の摂理。そして、そのうち人は死ぬ。それがいつか、というだけ。今、俺がそうなることは本望ではないし、自分の努力で切り開くスタイルは変わらない」

 そう言いつつも、黒子に徹する覚悟も示した。

 「精神的なものはいくらでも役に立つ。状況が状況(大一番)であるほど役に立つことは自覚している」

 10年W杯南アフリカ大会の最中。代表での立場が危うくなりつつあった中村俊輔(現磐田)にメールが届いた。カズ(現横浜FC)からだった。「サッカーはワンプレーでヒーローになれる」。その言葉は、今の本田にも当てはまる。だからこそ、心から言った。

 「もちろん、自分が出たら点を取るつもりです」

 真のリーダーとして。欠かせないエースとして。宿敵UAEを沈める。【益子浩一】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-01795809-nksports-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





訪問感謝いたします。





ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」



スポンサーサイト
【藤枝】U20代表・久保建英止めてホーム開幕戦逆転で飾る
ご訪問感謝します。




◆明治安田生命J3リーグ第2節 藤枝2-1F東京U23(18日・藤枝総合運動公園サッカー場)

 藤枝MYFCはホーム開幕戦でU―20日本代表のMF久保建英(15)を擁するF東京U―23に、2―1で逆転勝ち。今季初勝利を飾った。

 背番号7が、ホーム開幕で今季初勝利を呼び込んだ。後半42分、藤枝FW枝本雄一郎(28)が、相手ミスからのこぼれ球を左足で決勝ゴール。「チームを勝たせる点が取りたいと思っていので良かった」。試合後は、サポーターと喜びを分かち合った。

 意地があった。J最年少ゴールのかかった15歳のFW久保との対決。指揮官は「点を取られなくて良かった。(取られたら)全国でバンバン放送されちゃうから」とホッと一息。それでも、「ボールを失わないのはさすが。あれだけ間で受けられる選手はいない」と技術の高さに舌を巻いた。

 リーグ開幕戦となった前節は、敵地で鹿児島に0―5の大敗。序盤20分で3失点と完全に出鼻をくじかれた。「攻撃からカウンターでやられただけ」。指揮官がスタメン5人をチェンジする荒療治で開幕戦の呪縛をを吹き払った。プロデビューとなったGK田口潤人(20)は「失点は反省しないといけないが、勝ててうれしい」と喜んだ。

 次節(25日)は沼津と初のJ3静岡ダービーに挑む。「相手はパワフルで力強い。どんな相手でもうちは、チャレンジャーです」と指揮官。開幕の大敗から立ち直った藤枝が、“先輩”の力を見せつける。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00000280-sph-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきましてありがとうございます。





ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」



ハリルは試合勘のない宇佐美をなぜ代表召集したのか?
訪問ありがとうございます。




今月23日から再開されるW杯アジア最終予選のUAE(アラブ首長国連邦)代表戦(アル・アイン)、同28日のタイ代表戦(埼玉スタジアム)に臨む日本代表メンバー25人が16日、日本サッカー協会から発表された。

 所属クラブで出場機会を得ていないGK川島永嗣(FCメス)、DF長友佑都(インテル)、そしてFW本田圭佑(ACミラン)のベテラン勢は、試合に出ていない選手は招集しない、というヴァイッド・ハリルホジッチ監督のポリシーに反する形で、そろってメンバーに名前を連ねた。

 都内で記者会見に臨んだ指揮官は、昨年9月の対戦でまさかの苦杯をなめたUAEのホームに乗り込む23日の大一番が、特異な状況下で行われることを理由として挙げた。

「数多くのプレッシャーがあり、自分たちに悪意のある状況で臨む場合もある。そこで私は選手の経験値を必要とした」

 もっとも、個々の経験値をポリシーより優先させたケースにあてはまらない選手も招集されている。所属するアウグスブルクで同じく出場機会を得られない状況に故障も追い打ちをかける形で、昨年9月を最後に代表から遠ざかっていたFW宇佐美貴史だ。

 先月17日のバイヤー・レバークーゼン戦で、昨夏にガンバ大阪から移籍後初めて先発フル出場を果たした宇佐美だったが、その後は3試合連続で再びリザーブに甘んじている。

 現時点で先発3回を含めて8試合に出場。プレー時間296分間は本田よりは多いものの、同じ左ウイングを主戦場とする原口元気(ヘルタ・ベルリン)の先発19回を含めた23試合、1,711分間には遠く及ばない。

 何よりも24歳の宇佐美には、本田や長友、川島のようにW杯本大会などの大舞台に出場した経験がない。それでも代表に復帰させた理由は、同じFW陣でもハリルホジッチ監督が求める役割の違いがある。

 今回は7人が招集されたFW陣だが、いずれもゴールを求められるうえで、さらに3つのタイプに分類される。まずは相手の屈強なCBのプレッシャーを受けながらも、ボールをキープできるフィジカルの強さをもつ選手。7人のなかでは、大迫勇也(ケルン)と本田が当てはまるだろう。

 次は相手の最終ラインの裏を狙える速さをもつ選手。原口と浅野拓磨(シュツットガルト)、今冬に移籍したヘントでゴールラッシュを演じている久保裕也、俊足ではないものの一瞬のスプリント力に長けた岡崎慎司(レスター・シティ)となる。

 そして最後が個の力で局面を打開できる選手、いわゆるジョーカーだ。代表発表に先駆けて行われたインタビュー取材で、ハリルホジッチ監督は日本サッカー界の現状をこう指摘していた。

「自分でボールをもって仕掛けて、違いを生み出せる選手が2、3人しかいない。育成年代でそのようなプレーをあまりさせていないのではないかと、私は感じている。自分で仕掛けていくことが推奨されていないので、ストライカーがあまり育たないのではないか、と」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000003-wordleafs-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきましてありがとうございます。





ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」



なでしこ連勝に高倉監督ホッ 横山2発!ノルウェーに2-0 アルガルベ杯
いつもありがとう。
ゆっくりご覧ください。




サッカー女子の国際親善大会、アルガルベ・カップで日本代表「なでしこジャパン」は6日、ポルトガルのファロで行われた1次リーグ2組最終戦でノルウェーを2-0で下し、2勝1敗の勝ち点6とした。就任後、結果が出ずに苦しんでいた高倉麻子監督(48)は2連勝で一息。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本は7位、ノルウェーは11位。後半になってから持ち味が出た。同14分、FW籾木結花(20)=日テレ=からのパスをFW横山久美(23)=AC長野=が右から豪快に蹴り込んで先制。終了間際の同44分には、ポストにはねたこぼれ球に横山が詰めて決定的な2点目を奪った。「勝利に導くことができてうれしい」と横山。

 再三攻め込まれる場面もあったが、最後まで集中力を切らさず失点を許さなかった。それでも高倉監督は、「結果は勝てたが自分たちのペースではない。精度を上げないといけない」と厳しかった。

 大会最終日の8日には順位決定戦(フジテレビ系午後11時30分)が行われる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000013-ykf-spo
※この記事の著作権は配信元に帰属します





訪問感謝いたします。





ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」



史上初!九州のJクラブが合同サッカー教室開催し熊本へグラウンドを
ご訪問感謝します。




 九州のJクラブが昨年4月の熊本地震で甚大な被害を受けた地域にグラウンドを作る「グラウンドを作ろう」プロジェクトへ賛同し、2月25日に熊本県山鹿市カルチャースポーツセンターで合同のサッカー教室を開催した。

 同サッカー教室は「U―11チャリティーマッチ 九州Jクラブ合同サッカー交流教室」の名称で、同日に行われた「『グラウンドを作ろう』プロジェクト U―11チャリティーサッカー大会」の一環。史上初めて九州で小学生年代の育成組織を持つJクラブが全て集結し、熊本地震からの復興を目指し、子どもたちにサッカーをできるグラウンドを作るというプロジェクトに協力した形となった。参加したアビスパ福岡の藤崎義孝アカデミーダイレクター(40)は「益城町の復興のために、九州各地からサッカーチームが集まり、交流できたことは、地元のサッカーチームにエネルギーを与えられたと思います」と手応えを語った。

 今回は12チームが参加した大会とともに、サッカー教室と保護者向けのジュニアの食育教室も開催された。藤崎氏と同じく元Jリーガーで、元日本代表MFの藤本主税・ロアッソ熊本U12監督(39)は「今回のプロジェクトに参加できたことを非常に光栄に思います。こうした大会を通じて、九州の子ども達がより元気になってもらって、世界にはばたくような選手が1人でも出てきてくれたらうれしい。そこに少しでも貢献できたらうれしいなと思います」と話した。

 熊本県益城町は、熊本地震で被害を受け、小学生がサッカーをする場所がないのが現状。そこで、その地域にグラウンドを作るプロジェクトが発足。そのプロジェクトの一環でこの大会が開催された。

 「グラウンドを作ろう」プロジェクト U―11チャリティーサッカー大会


 ▽主催 「グラウンドを作ろう」プロジェクト
 ▽後援 山鹿市、アスレタ、大泉工場、ニチバン、日本メドトロニック、明治、Charity.org
 ▽参加チーム FC BIGWAVE、FC.Le reve、ソレッソ熊本V、ソレッソ熊本F、ロアッソ熊本ジュニア、山鹿FC、アスフィーダ熊本(以上熊本)、アビスパ福岡、西南FC(以上福岡)、サガン鳥栖(佐賀)、V・ファーレン長崎(長崎)、大分トリニータ(大分)


 ☆サッカー教室に参加したコーチ陣


 ▽アビスパ福岡 藤崎義孝(アカデミーダイレクター)井上孝浩(U12監督)樋口貴史(U12コーチ)村山仁允(U13コーチ)
 ▽ギラヴァンツ北九州 手嶋俊介(普及グループリーダー)上村剛史(普及グループコーチ)
 ▽サガン鳥栖 江頭駿(U12コーチ)尾崎耕太(U12監督)
 ▽大分トリニータ 安藤洋一(U12監督)小川翔太(U12コーチ)
 ▽ロアッソ熊本 藤本主税(U12監督)


 ※敬称略


 「グラウンドを作ろう」プロジェクトに賛同される方の寄付受付口座
 みずほ銀行 恵比寿支店 
 普通1687999 
 トクヒ) CHRITY.ORG


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000300-sph-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。




ジュニア指導歴25年の川島和彦さんが「ドリブル指導の極意」を公開しました。1500人以上の子供を指導して培った、試合で活躍できる選手を育てる秘訣を余すところなくDVDに収めています。わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA 「ドリブルトレーニング 中級編」